式場

結婚式場を選ぶなら|魅力的な式場が続々登場

最初のおもてなし

手紙

様々な作成方法

結婚式をすることが決まったら、ゲストへ招待状を発送しなければならない。最近では新郎新婦が手作りする人もいれば、式場にオーダーする人、インターネットで注文する人等、それぞれの状況に応じて様々な招待状がある。最近では招待状を手作りする人が増えている。なぜ増えているのかの理由としては、一つは費用の面である。雑貨店や書店等にも招待状作成キットのようなものも売っていて、値段もそこまで高くない。自分たちで全てやらなければならないため手間はかかるが、結婚式場にお願いするよりも安く作成することができる。好みの招待状を作成できるというのも、手作りの招待状を作る人が増えているという理由の一つだ。結婚式場でオーダーすると、決められたデザインの中から一つ選ばなければならない。しかし、手作りだと好きなようにできる。そのため、こだわりがある場合には手作りした方が思い通りのものを作ることができるのだ。

ゆとりのあるスケジュール

結婚式の招待状は、ゲストの出欠確認を行うという大切な役目を担っている。招待状には返信用の葉書が同封されていて、それをゲストが返信するという仕組みだ。そしてその返信された葉書を元に、新郎新婦は結婚式披露宴のゲストの人数を確定する。そのため、返信期日までに余裕を持ったスケジュールで招待状は送付しなければならない。しかし、あまりに早すぎても忘れてしまう人もいるので、二か月から三か月前くらいに送付すると、ゲストは返信期日までにも時間が持てる。結婚式はおめでたいもののため、大安か友引の日の消印で送付する。ポストに投函するよりも、窓口に持っていくと確実にその日の消印を押してくれるので、面倒でも郵便局に行った方が良い。ただ招待するだけでなく、ゲストをもてなす最初のアイテムでもあるので、結婚式の準備を始めた段階で、招待状の作成締切や送付日を事前に決めておく結婚式場もある。